レッツ・パーティグラ!徹底レポート 吉田よしか編

東京ディズニーランド
スポンサーリンク

レッツ・パーティグラ!ミニーたちの早着替えも必見

東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにある伝統的な野外ステージ「シアター・オーリンズ」にて、新しいレギュラーショー「レッツ・パーティグラ!」がスタート!!
「レッツ・パーティグラ!」は現在、全ての公演に指定席と自由席があり、指定席での鑑賞には抽選が必要です。

古参ファンも感涙! ディズニーランド「レッツ・パーティグラ!」徹底レポート

 

みなさん、こんにちは。吉田よしかです。7月10日より、東京ディズニーランドのアドベンチャーランドにある伝統的な野外ステージ「シアター・オーリンズ」にて、新しいレギュラーショー「レッツ・パーティグラ!」がスタートしました。今回は、ショーの様々な魅力と、鑑賞のポイントについてレポートします。


  • 「マルディグラは終わったけど、最高に楽しいお祭りである”パーティグラ”を開催しよう!」

    シアター・オーリンズに”パーティグラ!”が帰ってきた

    オープニングではステージ後方より、ドナルドダックと彼の友人であるホセ・キャリオカが客席の間を歩いて登場します。「ニューオーリンズ・マルディグラ」に参加したいと張り切るドナルドに、「マルディグラは終わったけど、最高に楽しいお祭りである”パーティグラ”を開催しよう!」と提案するホセ・キャリオカとパンチート。ショーは主にこの3人が主役として活躍します。トリオで仲良く歌うシーンもあり、観客席からは「ドナルドかわいい!」と声が上がる場面も。


  • 「ニューオーリンズ・マルディグラ」に参加したいと張り切るドナルドダック

    なお、”パーティグラ”とは、「マルディグラ」と「パーティー」を掛け合わせたディズニーならではの造語。元々は1990年に本場アナハイムのディズニーランドで開催していた「ディズニー・パーティグラ・パレード」のフロート(山車)を東京ディズニーランドへ運び、1991年から3年間にわたり東京ディズニーランドでも開催していました。ミッキーマウスやドナルドなど巨大バルーンが人気を博したスペシャルなパレード、覚えている人も多いのでは?

    今回のショー内では、ゲストの参加シーンで「ディズニー・パーティグラ・パレード」のアレンジバージョンが流れます。当時のショーを知っている人には懐かしく、初めての人には新鮮な音楽に、それぞれ心浮き立つこと間違いなしですよ!


  • ミッキーマウスたちがアップテンポで華麗にダンス!

    豪華キャラが華やかに! ミニーたちの早着替えも必見

    舞台の幕が開き、ミッキーやグーフィーも加わって、軽快な音楽とダンスでショーが進行。更にゆったりとしたドレスを身にまとったミニーマウス、デイジーダック、チップとデールが憧れる歌姫のクラリスが登場。


  • ミニーマウスとデイジーダックとクラリスがドレスを披露

    「優雅なドレス!」「とっても素敵ね!」とデイジーとクラリスたちが話す中、「でも、こういうのはどうかしら?」とミニーの提案と同時に、3人の着ていたドレスがアクティブに踊れるコスチュームに早変わり!


  • 「でも、こういうのはどうかしら?」とミニーが提案すると……


  • 鮮やかなカラーリングのコスチュームに!

    ここは、以前行われていた「ミニー・オー! ミニー」を彷彿とさせるシーンで、観客席からも思わず「おぉーー」と歓声が上がります。中央だけでなく、左右の高いステージに上がってポーズを決めるガールズたちのキュートなダンスに目が釘付けになりますよ!

    グーフィーとマックス親子、ミッキーマウスの3人が活躍するシーンでは、キャラクターだけではなく、ダンサーたちの熱いダンスバトルもご注目。ヒップホップ調のミッキーマウス・マーチとジッパ・ディ・ドゥ・ダーに乗って繰り広げられるダンスシーンに、観ているゲストもノリノリに! ミッキーマウスのラップが聴けるのもこのショーならではのお楽しみです。



  • グーフィー&マックス親子とミッキーのダンス対決

    舞い降りたミッキーたちとの触れ合いタイムも

    シアター・オーリンズ名物「ゲスト参加シーン」では、先に記載したパーディグラの音楽に乗り、ダンサーからレクチャーを受け、ゲストは座ったままダンスに参加します。ダンスシーンにはドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートが登場。「パーティグラ!」と思い切り空に手をあげてみんなで盛り上がりましょう。


  • ドナルド、ホセ・キャリオカ、パンチートが踊りながら「パーティグラ!」


  • ゲスト参加シーンは座ってダンス! ドナルドたちと大いに盛り上がろう


  • キャラクター全員集合!

    東京ディズニーリゾート35周年”Happiest Celebration!”期間中(~2019年3月25日)、フィナーレの音楽は35周年テーマソング「Brand New Day」が流れます。ホセ・キャリオカの「最後はみんなでお祝いしよう!」のかけ声を合図に、ミッキーたちキャラクターが客席に降り、ゲストと共にフィナーレへ。座った席によってはキャラクターと触れ合うことができるかも!?


  • こんな近くまでミッキーが!?

    座席は自由席も! でもかなりの狭き門

    「レッツ・パーティグラ!」は現在、全ての公演に指定席と自由席があり、指定席での鑑賞には抽選が必要です。座席は左からA、B、Cと3つのブロックになっており、ステージを正面にして左の「Aブロックの前から7列」だけが抽選なしで座れる自由席となっています。


  • 「レッツ・パーティグラ!」の指定席は抽選となります

    人数としては60人弱が座れるという状況で朝から待つ人も多いため、ほとんどのゲストが抽選頼みになっているというのが現状です。ただし、この状況はディズニー夏祭りの期間中のみで、ハロウィーンになれば席数ブロックは変更になるとのこと。なお、7月25日現在、ディズニー夏祭り(~8月31日)とハロウィーン(9月11日~)の間の10日間に関しては、座席の増減は未定になっています。今後の状況に注目ですね!


  • Aブロック・前から7列のみが自由席。全体で60人ほどと少なめになっています

    また、自由席を待つ時の暑さ対策として、頭からかぶることのできる「ミッキーフード付きタオル」(税込2,400円)も販売中。「燦水! サマービート」の待機中もこのタオルを使用するゲストが多く、日よけにもなるので便利です。夏の暑差対策として覚えておくと便利ですよ。


  • 「ミッキーフード付きタオル」(税込2,400円)は頭から被るもよし、フード部分を肩にかけ垂らして使うもよし

    (c)Disney

    吉田よしか(ヨシダヨシカ)


    東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。

    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

出典: news.mynavi.jp