吉田よしかさん解説のCelebrate! Tokyo Disneyland

東京ディズニーランド
スポンサーリンク

東京ディズニーランド35周年を祝う新ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」

「Celebrate! Tokyo Disneyland」は7~8月、20時40分と21時35分の1日2回公演。
7月は事前抽選が必要(7月17日時点、8月分抽選実施は未定)。
中央鑑賞エリアは、「A」「B」「C」と3つのブロックに分かれており、開演20分前から入場開始、10分前までに入場となります。

中央鑑賞エリア以外の場所での鑑賞?
20時40分開催の回をシンデレラ城の正面が見える見やすい場所から鑑賞する場合、全て立ち見。
早い人だとエレクトリカルパレードを観賞するのと同時に、シンデレラ城周辺で場所取りをしている人もいますが、レジャーシートや荷物を広げて待機することはNGです。
注意が必要ですね。

また、シンデレラ城を少し斜めから見る位置からショーを観賞する場合、1時間ほど前になるとかなり混み合います!

ディズニー新ナイトショーの攻略法–かつてないシンデレラ城を味わいつくす

みなさん、こんにちは。吉田よしかです。7月10日より、東京ディズニーランド35周年を祝う新ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」が始まりました! 今回は、ショーの見所とオススメの観賞場所についてレポートします。


  • 東京ディズニーランド ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」は今までにないキャッスルプロジェクション

    「Celebrate! Tokyo Disneyland」ってどんなショー?

    「Celebrate! Tokyo Disneyland」は、東京ディズニーランドのシンデレラ城をスクリーンに夜空に光るサーチライトや、虹色に輝く噴水、そして炎や花火を使った今までにないキャッスルプロジェクションです。


  • 「Tシャツ」(S・M・L・LL/各税込2,900円、3L/税込3,300円)や、ミッキーマウスの「ぬいぐるみバッジ」(税込2,200円)等、「Celebrate! Tokyo Disneyland」スペシャルグッズもいろいろ

    “魔法にかかったシンデレラ城”には、オーケストラの指揮者となったミッキーマウスが登場! 東京ディズニーランドにある7つのテーマランドを巡る映像と共に、過去の懐かしいアトラクションも映し出されるため、ノスタルジックな気持ちにも浸れる内容になっているのが特徴です。


  • オープニングのこのシルエットは……そう、グーフィーです!

    ディズニーランド内の様々なテーマランドを巡る映像もさることながら、今回の「Celebrate! Tokyo Disneyland」は、サーチライトの光が照らされる範囲がかなり広く、プラザ周辺に植えられた植栽も音楽に連動して光り輝くという演出が行われています。


  • ミッキーマウスが登場! タクトを振って光の演出をしてくれます


  • もちろん、ミッキーマウスはプロジェクションマッピングでも大活躍!

    また、フレームキャノンと呼ばれるシンデレラ城横の塔から吹き上がる炎も、以前行われていた「ワンス・アポン・ア・タイム」や、東京ディズニーランド15周年時に開催されていた「スターライト・マジック!」より、格段に回数が増えています。


  • ホーンテッドマンションのあの住人たちも……

    ミッキーマウスが振るタクトの光がシンデレラ城を伝い、虹色に輝く噴水が旋律のように動くため、正面以外の場所から見ても雰囲気を味わうことは可能です。





    • ディズニープリンセスの名シーンも

    現在活躍している数々のアトラクションをはじめ、昔懐かしい「ミート・ザ・ワールド」や「グランド・サーキット・レースウェイ」なども登場。今はなきアトラクションのポスターが登場したり、リニューアル前のアトラクションの楽曲が聴けたり。「あ、今日乗ったカリブの海賊だ!」「昔はこんなアトラクションがあったね」等、思い思いのパーク体験を思い巡らすことができる内容になっています。


  • 今はなきアトラクション「ミート・ザ・ワールド」等のポスターが!

    ショーのフィナーレでは、ミッキーマウスが指揮をする中、シンデレラ城の中央に大きく35周年のロゴが浮かび上がり、花火、噴水、レーザーとサーチライトの共演で幕を閉じます。


  • かつてない光に包まれるショーは、フィナーレまで気が抜けません!

    7月は抽選! 鑑賞エリアへの入場方法と鑑賞方法は?

    「Celebrate! Tokyo Disneyland」は7~8月、20時40分と21時35分の1日2回公演となり、7月は事前抽選が必要(7月17日時点、8月分抽選実施は未定)。中央鑑賞エリアは、「A」「B」「C」と3つのブロックに分かれており、開演20分前から入場開始、10分前までに入場となります。

    シンデレラ城の前方左右2カ所、後方左右2カ所(合計4ヶ所)ある入口のどこに並んでもOK。キャストから「○○番~○○番の方、入場できます」と案内されるので、当選チケットに印字されている番号になったら入場しましょう。観賞エリアの中ですが、過去に開催されていた「ワンス・アポン・ア・タイム」などと違い、椅子の用意がありません。


  • 16時半くらいから、シンデレラ城周辺には待機の人が増えてきます

    チケットに印字されているブロックに行ったら、後は自由に場所を選び、地面に座って観賞します。「チケットに番号が書いてあるなら、ギリギリに観賞エリアへ行けばいいのでは?」と思うところですが、基本的に先着順になっているようです。なので、その場にいない人は例えチケット番号が若くても飛ばされて、次の人が先に入場となります。当選した場合、エリア内に入場する時間を考慮し、30分前には入場列に並びに行くことをオススメします。

    中央鑑賞エリア外から鑑賞するなら?

    中央鑑賞エリア以外の場所から、20時40分開催の回をシンデレラ城の正面が見える見やすい場所から鑑賞する場合、全て立ち見での案内となります。早い人だとエレクトリカルパレードを観賞するのと同時に、シンデレラ城周辺で場所取りをしている人もいますが、レジャーシートや荷物を広げて待機することはNGです。

    シンデレラ城を少し斜めから見る位置(パレードコースなど)からショーを観賞する場合、1時間ほど前になるとかなり混み合います。場所によってはぎゅうぎゅう詰めになることもあるため、小さな子どもと一緒の場合、迷子などにならないようご注意を。


  • 立ち見の場合、プラザ後方からの方が見えやすいことも

    また、ワールドバザール中央にあるセレブレーションタワーの付近から鑑賞しても、音楽と映像など雰囲気を楽しむことは可能です。レーザー光線などの特殊効果もしっかり見えるため、全体の雰囲気を味わう穴場の鑑賞場所としてオススメします。

    混雑回避なら2回目を! パートナーズ像付近からの観賞が◎

    中央鑑賞エリア以外から観賞する場合、過去開催の「ワンス・アポン・ア・タイム」でも同様ですが、20時40分に開催される1回目より21時35分開催の2回目の方が、圧倒的に観客者が少なくなる傾向があります。時間の調整が可能であれば、21時35分開催の鑑賞をオススメします。

    また、プラザにあるパートナーズ像(ウォルト・ディズニーとミッキーマウスが手をつないでいる銅像)辺りから観賞すると、シンデレラ城の中央に登場するミッキーマウスをはじめ、周辺の木々が輝くシーンや各種演出をしっかり見ることができます。競争率が高い場所ですが、1回目が終わった後にすぐ並ぶようにすると、比較的位置取りがしやすいです。


  • パートナーズ像横からは、全体がしっかり見渡せます

    35周年を迎えた東京ディズニーリゾートでは、「Celebrate! Tokyo Disneyland」をはじめ、夜も昼も魅力がいっぱい! 次回は、東京ディズニーランドの「散水! サマービート」と東京ディズニーシーの「パイレーツ・サマーバトル”ゲットウェット!”」について紹介します。お楽しみに!

    (c)Disney

    吉田よしか(ヨシダヨシカ)


    東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。

    ※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

出典: news.mynavi.jp